プロフィール

熊本 マリ

Mari Kumamoto, Piano
熊本マリ
Photo©Shimokoshi Haruki

東京に生まれる。5歳からピアノに親しみ、10歳で家族と共にスペインへ移り住む。

1975年よりスペイン王立マドリード音楽院でホアキン・ソリアノ氏に師事。スペイン青少年音楽コンクール優勝。1982年に奨学金を受けてジュリアード音楽院に入学し、サーシャ・ゴロニツキー氏に師事。1985年から英国王立音楽院にてC・エルトン氏に師事。また、プライベートではアンジー・エステルハージー氏に師事。英国ニューポート国際音楽コンクールに入賞。故ダイアナ妃より授与される。1986年、同音楽院卒業後、最年少でRecital-Diplomaを授与され、帰国。

1991年、スペインの作曲家フェデリコ・モンポウ(1893〜1987)のピアノ曲全集の録音を完成(世界初)。1993年、モンポウの伝記「ひそやかな音楽」を翻訳。同年、英国王立音楽院よりめざましい演奏活動に功績のあった卒業生にのみ与えられる資格ARAMを贈られる。

1994年、プラハでチェコ・フィルハーモニー管弦楽団とジルベスターコンサートで共演。1996年、スペインでのジャパン・ウィークでリサイタルを開く。1998年、プラハでリサイタルを開催、及びヨセフ・スーク&スーク室内オーケストラと共演。1995年〜2006年には毎年秋にローム・リリック・セレクションとして全国ツアーを重ね、好評を博した。2000年にはNHK教育テレビ「芸術劇場」の「BSクラシック ピックアップ」の司会を務めた。

2006年、ウィーン・フィルのメンバーと共演。2009年、“クラシック音楽をもっと身近に楽しんでもらう”というコンセプトに賛同し、「100万人のクラシック」コンサート・シリーズに参加。東京都内近郊18箇所、続いて長野県内6箇所にて「Shall We Dance?」ツアーを開催。2011年には、同コンセプトの「いこか!クラシック」シリーズ関西地方全16公演に出演し、各地で好評を博した。2010年1月には、エジプトにてカイロ・オペラ・オーケストラと共演、アレクサンドリア(エジプト)、アンマン(ヨルダン)ではリサイタルを開催。軽快なトークをまじえた独自のコンサートは特に人気が高く、その活躍は日本国内にとどまらない。

2012年には、ベネズエラ、カラカスで、ベネズエラ交響楽団と共演する。
エッセイ集はショパンより「薔薇よ、語って」「音よ、輝け」「ラ・ピアニスタ〜太陽の門から」、講談社からは「人生を幸福にしてくれるピアノの話」が発売されている。CDはキングレコードより多数リリース、2006年、モンポウの作品集「静かな音楽」、2009年にはダンスをテーマにした「Shall We Dance?」、2011年にはショパン・イヤーからリスト・イヤーへの懸け橋として“愛のメッセージ”をテーマにした「鳥の歌」を発売。2012年2月には、日本各地の民謡をピアノで奏でる「日本の心、日本のメロディー〜奥村一作品集」を日本コロムビア(DENON)よりリリース。2008年4月より大阪芸術大学(演奏学科)教授に就任。2013年9月には、アルゼンチン ブエノスアイレスでリサイタルを行う。また、エステバンモルガドカルテットと共演を果たす。近年は、世界的国際ピアノコンクールの審査員なども務める。テレビ・ラジオへの出演、執筆活動など多才な活動で幅広いファンを獲得している。

2016年はデビュー30周年を迎える。神奈川県のマグカル大使に任命される。

2017年7月キングレコードから、サティとギロックのCDがリリースされる。

オフィシャルホームページ http://www.marikumamoto.com/

Celebrating the 30th year of her professional debut, pianist Mari Kumamoto continues to draw world-wide acclaim with her solo concert performances. Born in Tokyo, Japan Ms. Kumamoto began studies at the age of five. Relocating to Spain at the age ten, Ms. Kumamoto continued piano with Professor Joaquin Soriano at the Madrid National School of Music eventually obtaining first prize in the 1979 Spain Youth Music Contest. Accepted as a scholarship student to the Julliard School of Music in 1982, Ms. Kumamoto studied under the acclaimed pianist and teacher Sascha Gorodnitzki. Her studies during this time reflect a focus on the Classical and Romantic composers.

In 1985, Ms. Kumamoto entered the Royal Academy of Music in the U.K., where she studied under Christopher Elton, and privately, under Andrew Esterhazy. After winning the prize at the Newport International Music Competition for Young Pianists, she graduated from the Royal Academy of Music in 1986, becoming the youngest recipient of the Recital Diploma. Later that year, she returned to Japan to embark on her first national tour. Concerts followed throughout Japan and in 1991, Ms. Kumamoto made the world's first recording of the complete works of the Spanish composer Frederico Mompou (1893-1987).

In 1993, Ms. Kumamoto translated the biography of Mompou, "Musica Callada" which catapulted her to the national stage once again as she was named an “Associate of the Royal Academy of Music”. This is a distinction conferred only upon Royal Academy graduates who have shown outstanding achievements in the field of music.
A series of concerts and recitals throughout Europe followed, the first in 1994 with the Czech Philharmonic Orchestra at its New Year's Eve concert. In 1996, Ms. Kumamoto held a recital in Spain, as a participant of "Japan Week” and later returned back to Prague in 1998, performing with Josef Suk and the Suk Chamber Orchestra.

After an extensive and highly successful European tour, Ms. Kumamoto began focusing on concerts in her native Japan. Hoping to share various musical styles including the Spanish and Latin American repertoire, Ms. Kumamoto has given yearly solo and ensemble recitals since 1998. In 2006, Ms. Kumamoto was invited to perform with the members of Vienna Philharmonic Orchestra in a series of recitals in Tokyo.
Invitations from international orchestras sparked yet another series of overseas concert tours. Most recently in 2010, Ms. Kumamoto embarked to the Middle East including a tour in Egypt with the Cairo Opera Orchestra followed by a weeklong recital tour in Jordan. In 2011, she performed in Caracas with the Venezuelan Chamber Orchestra as guest soloist in the Gershwin Piano Concerto. Ms. Kumamoto’s most recent activity is dedicated to promoting the piano music of Japanese composer Okumura Hajime whose music reflects the traditional melodies of Japanese folksongs.

Ms. Kumamoto has written and translated several key books including “Dear Rose, Please Talk to Me”, “Let the Sound Shine” and “Puerta del sol, La Pianista”. In 2008 she published "A Happy Life Fulfilled with Piano” a best selling paperback in Japan. In addition, her CD collection is extensive with her most recent on the piano music of Mr. Okumura. In 2015, she served on the judge’s panel for the Iturbi international Piano Competition in Valencia, Spain. This year, Ms. Kumamoto was presented with the "2016 Kanagawa Prefecture Cultural Ambassador" award.

Ms. Kumamoto is currently Professor of Music Performance Department, Osaka University of Arts.